browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

イソフラボンって何だろう

イソフラボンって何だろう

エストロゲンは、肌がピチピチ肌を生み出す新陳代謝の促進、髪の毛のハリツヤを保ち、卵巣内で卵子を育て、排卵に備えたり、子宮内膜を厚くしたり、受精卵の着床を準備したりします。

おっぱいや性器、皮下脂肪を発育させて、女らしい丸みのある体を作ります。

他には、動脈硬化を防ぎ、骨をたくましくして、きちんと周期的な生理、自律神経を安定し、膣や膀胱の機能の自浄作用を高める作用があります。

つまりは、イソフラボンも似たような働きがあるのです。

女性の美しさや若々しさを手助けできる働きがあるのです。

また、加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、さまざまなことが体内で不具合が生じてきます。

例えば、牛乳や乳製品などでカルシウムを摂取しても、女性ホルモンの分泌が少ないと、骨の中のカルシウムが溶け出したり、骨粗鬆症になってしまったりするのです。

それを補うことができるのが、イソフラボンです。

イソフラボンには、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種で、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保つ働きがあります。

イソフラボンは、特に女性ホルモン(エストロゲンなど)にとって必要な働きをします。

本来、体内で作られるエストロゲンは特に加齢とともに失われていくので、体外から食品などから摂取する必要があります。

イソフラボンはエストロゲンととても良く似た働きをすることができるので、効果的です。

女性ホルモンが減少すると、更年期障害(ほてり、不眠、記憶力や判断力の低下、全身倦怠感など)、カルシウム不足、骨粗鬆症、乳がん、子宮がんなどの不調が現れてきます。

また、女性らしい体をつくるエストロゲンと同じような働きがありますので、美しい肌をつくったり、お肌のうるおいを保ったりなどの美容効果や血液サラサラの生活習慣病を予防するなどにも期待できます。

大豆イソフラボンが多く含まれている食品は、納豆や豆腐、豆乳などですが、1日に必要な摂取量は40mg~50mgですから、豆腐では半丁、納豆では1パック(60g)摂取すると良いでしょう。

イソフラボンに関心があるならここへ

このサイトの中で、イソフラボンの含まれている食品について1日の摂取量を知ることができるので確かめてみましょう。


© 2015 イソフラボン効果を知る